ムシバイに副作用ってある?こだわり成分でアレルギーの心配は?

子供の口腔ケアに人気のムシバイ。

 

歯磨きをすすんでやってくれるようになるだけじゃなくて、子供の起き抜けの口臭もケアできると大人気。

 

それもそのはず、ムシバイは成分にはかなりこだわっています。

 

最近、注目のヒト由来のクリスパスタ菌を配合していて、さらに、大豆をエサに生まれた特許成分PS-B1も配合しています。

 

免疫力を高めて熱にも強く虫歯菌にも強いクリスパスタ菌と、口内環境を整えて善玉菌のパワーをサポートするPS-B1の両方がお子さんの口腔ケアをしてくれます。

 

これだけこだわりの成分だと副作用やアレルギーが心配になりますよね。

 

調べてみました。

 

ムシバイこだわりの成分

何といっても、ヒト由来の乳酸菌のクリスパスタ菌。

 

産道にたくさんあって、出産の時に赤ちゃんに免疫力をつけてくれる凄い乳酸菌です。

 

この乳酸菌のおかげで赤ちゃんはスクスク育つといってもいいぐらい。

 

培養が難しかった成分ですが、最近は量産もできるようになりました。

 

さらに、特許成分のPS-B1は乳酸菌生産物質といわれていて、善玉菌が作り出す代謝物を大豆由来の培地で生産した物質でダイレクトに体に作用するのが特徴。

 

口内環境を整えて善玉菌の働きを助けてくれます。

 

 

ムシバイには副作用がある?

ムシバイの名称は「乳酸菌生産物質含有食品」です。

 

薬ではなく、善玉菌の代謝物が体にダイレクトに作用するように作られた食品です。副作用はありません。

 

ただ、乳酸菌生産物質は酸っぱい(ヨーグルトの風味)ので、ムシバイはお子さん向きに甘み成分としてキシリトールを配合しています。

 

キシルトールはたくさんとると、便が緩くなる可能性もあります。

 

美味しいからといって過剰に食べさせないようにしてあげてくださいね。

 

 

アレルギーの心配は?

公式サイトのQ&Aには、アレルギーについてもくわしくかかれています。

 

  • ムシバイの原材料にはアレルギー物質を含んでいない
  • 製造工場では一部アレルギー物質を含む製品を生産している
  • 大豆の培地を利用してできた乳酸菌生産物質PS-B1なので、大豆アレルギーのある方は専門医に相談すること

 

お子さんの口に入るものですから、十分に検討してください。

 

14種類の無添加とGMP認証工場で製造

ムシバイは殺菌剤、発砲剤、合成着色料から牛乳アレルゲン、発色剤、漂白剤、パラベンまで14種類が無添加です。(公式サイトには全部羅列してあります)

 

GMPという厚生労働省が設けている製品の品質と安全性を示す基準をクリアした、GMP認証工場で製造。

 

厳しい放射線物質検査にも合格しています。

 

 

まとめ

お子さんの口に入れて口腔内をケアするムシバイですから、安全性は一番大切ですね。

 

そのためにムシバイは成分から副作用、アレルギーにいたるまで注意を払って作られています。

 

開発者が4歳のお子さんのママだったということも安心材料になりますね。

 

歯磨き嫌いの子供をもつママさんの悩みに十分、応えてくれます。

 

公式サイトでは、ただいまキャンペーン中で、定期コース初回が激安でお試しできるようになっています。

 

いつでも解約できて特典いっぱいなので、一度、お試しされてはいかがですか。